パソコンで注意するべきダウングレード攻撃とは?

パソコンへの攻撃方法は様々ですが、今回は注意するべきダウングレード攻撃についてご紹介いたします。

ダウングレード攻撃は、パソコンでSSL/TLSの暗号化通信を行う際に、セキュリティ面で脆弱性のある古いバージョンの暗号方式を選ばせて通信を傍受したり、個人情報を盗み出すという手口なのです。

バージョンロールバック攻撃とも呼ばれ、暗号の強度を弱くする事によって安全性が低い暗号化通信を行う事になり、中間者攻撃とも関連していると言われていますよ。

攻撃の被害に遭わないためにも、セキュリティが弱くて脆弱性があるバージョンの暗号方式を使用しないように気をつけたり、ブラウザを最新の状態に更新して対策しておく事が大切ですよ。